離婚した人しない人大集合

離婚のまとめ

離婚しかないのかな

早めの離婚は恥ずかしい事ではありません

更新日:

恋愛中は相手の事がどんなに素敵に見えても、結婚生活を送っているうちに「見込み違いだった」と分かる事があります。

もちろん自分がそう思うだけでなく、結婚相手がそう思う事もあるでしょう。

結婚生活は恋愛期間とは違い、良い面だけでなく、悪い面も見せなくてはいけません。

長所ばかりを見て付き合っていたカップルが、相手の悪い面を見た時、その短所に耐えられないという事があります。

また「相手の許せない部分」があって、結婚をした人は、結婚生活を通じて、相手の短所が薄まってくると考えていたかもしれません。

しかし現実は逆です。

結婚生活を続けていると、相手の許せない部分がどんどん大きくなっていく事に気付くでしょう。

恋愛期間に見ていた、相手の許せない部分はいわば「氷山の一角」だった事を知るでしょう。

結婚前の恋愛期間を通じて、お互いの事を良く知ったと思っても、やはり結婚してみないと理解できない部分があります。

結婚生活を始めて10年経って「なるほど」と思う部分が出てくるほど、相手を理解する事は大変な事です。

もし結婚をして「この結婚は失敗だった」と感じたら、早めの離婚も選択肢のひとつです。

先述したように、許せない部分は結婚生活を通じて大きくなっていくからです。

我慢をしていたら、いつか結婚相手が変わってくれると考えていたら、きっと期待は裏切られるはずです。

相手の許せない部分は大きくなるけれど、「自分が受け入れられるように変わる」事でしか、その困難を克服する事はできません。

傷を大きくしない早い段階で離婚をする事は、別段、恥ずかしい事ではありません。

-離婚しかないのかな

Copyright© 離婚のまとめ , 2018 All Rights Reserved.